排尿障害

ノコギリヤシで生活習慣も改善

前立腺肥大症というのは、ここ20年間に渡って、急激に増えてきている傾向にあるのです。
現在につきましては、なんと50歳以上の男性のうち2人に1人は何かしらの前立腺肥大の症状によって悩んでしまっていることがわかっています。
そして70代を迎えることによって、10人に7人が発症し、80代後半にもなりますと、10人中9人の男性が前立腺肥大症を引き起こしてしまっているというデータがあります。

それではどうしてこのような前立腺が肥大してしまうのか?その理由が大変気になるところです。
しかし確かにまだまだ継続して研究が進められていますが、男性ホルモンの分泌量が変化してしまうことで、それに共ない症状が出てきてしまうことからも、男性ホルモンが大きく関与していることはある程度わかっています。
このことから、前立腺肥大症というのは、男性における更年期症状とも言われることがあります。

これまでは、更年期と言いますと女性特有のものと考えられてきましたが、最近ではその事情も変わってきており、男性だったとしても女性と同様に更年期症状を引き起こしてしまうことがあるのです。
その一方において、どんな生活習慣を続けている人が、元も前立腺肥大症の人が多くなっているのかを調べた少々興味深い研究の報告が上げられています。
前立腺肥大症の人というのは、前立腺が正常な状態の人とは異なり、「好んで肉類を食べる」、「頻繁に牛乳を飲む」、「野菜の摂取量が少ない」、などといった生活習慣の中にあることがわかっているのです。
日本国内よりも、欧米にて悩んでいる人が多いものだということ知られてきて、これから先研究結果の裏付けになることでしょう。
加齢によって、トイレに関するトラブルに対して巻き込まれてしまっている可能性というのは高くなっているのですが、中には全く不快感や残尿感、また尿漏れといったことを感じることなく、いつまでも若々しい状態を維持している中高年層の方は多くいます。
前立腺肥大症を未然に防ぐためにはノコギリヤシを摂ることをおすすめします。
ノコギリヤシは前立腺肥大症に有効ということが実験結果になっているそうなので、男の更年期障害に悩まないためにもノコギリヤシの摂取をおすすめします。

Copyright(C) 2013 注目されている素晴らしい栄養素 All Rights Reserved.